の書き方説得力のある博士後期課程での研究提案

の書き方説得力のある博士後期課程での研究提案

アルバイトを始める前に自の博士号又は修士論文プロジェクトという書く必要がある、研究計画を立案しました。 これは短く(約6-10ページを書き上げることを論じた話題の研究、なぜ重要で、既存の文献(理論的貢献と影響、うまい(方法論). の精密な形式の研究提案のものからの規律の規律の概要は紹介し、課題、研究課題や研究の目的、方法論、速報(見込み)の結果に影響への貢献はもとより、既存の知識体系を続けていきます。

一般的には、研究提案書の立場にふさわしいだけでこのプロジェクトかどうか指導教員またはスーペリアするとともに、それを支援す こちらの明確なく、納得しているかどうかを十分に貢献する。 りにご利用いただけます、あなたに代わって納得できるのにふさわしい、はを達成することが期待される有望な結果や成果といえます。 なってはいるものなどのご案内にの博士論文執筆の旅の提案は変化しています。 の概念や枠組みの精製および改善していきます。 時にいても外れるとは全く異なる方向の結果に基づいております。 の場合は指導教員には細かい移動する方向から取り寄せた選りすぐりの正しい方向を向いている。

う必要性の明示的研究を目的とする質問に関連/近、かつ精度が高く、researchable. このとするために必要な地図に問題を算出ギャップ、文)を発揮することでどう解決する問題を検討した。 いま必要なアドレスの中核課題を、彼らは以前の論文のように利用できることにすることもある.

一度の研究提案する必要がある守備で前に専門家パネルと同じです。 また納得していることでお仕事をするには、嬉しいご提案では、公的な博士論文執筆ます。 これは長いプロセス間の間、応いたします。 をご利用に当初の提案の指針としての最初の数ヶ月の研究に集中しています。

他の重要な一歩である採用プロ博士の提案校正または編集者。 しなければならず校正および編集の学術提案するまでには無料の文法上の問題、書簡潔でなければならない。 これは極めて重要であり、しかも影響を総合的に判断パネルの判断のご案します。

 

0コメント

返信をキャンセルする

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください